ホーム>米糠酵素風呂とは

米糠酵素風呂とは

米糠酵素風呂とは

米糠酵素風呂とは

木槽の中に入れた大量の米ぬかに酵素を混ぜ発酵させます。

その発酵熱によって60~70度に温められているもので、その中に砂風呂のように全身を埋めて入浴して頂く乾式温浴療法の一種です。

入浴中は有酸素運動を行っているのと同じ環境になるので、体への負担は少なく有酸素運動をしたときと同等のエネルギー消費が得ることができます。
また、脱脂糠をベースに250種類以上の酵素成分を配合した糠床から、サプリメントや食物では摂取できないあらゆる酵素の摂取を可能にすると言われています。

日々、減少していく酵素を皮膚から直接吸収することにより、短時間ながら効率のよい摂取が可能になり、入浴を重ねることで様々な酵素を取り入れることができます。

米ぬかには補酵素であるミネラルやビタミンが多く含まれているため、肌の古い角質を落とすスクラブのような効果も期待できます。

体温を上げると病気は治る

体温を上げると病気は治る

体温が1℃下がると免疫力は0.7倍に低下する。

体温が1℃上がると免疫力は5~6倍に上昇する。

病気になりにくい体を手に入れる。
もっともシンプルで効果的な方法が米糠酵素風呂です。

完全予約制(月曜定休日)

まずはお電話で予約をし、ご来店いただくという形態をとっております。

完全予約制 TEL:0957-47-6446

1日にご入浴いただける人数に限りがございますので、まずはお電話を。

酵素風呂の浴槽は2つ以上ございますので、ご夫婦で来店し同時に入浴することも可能です。

初回のみお試しで、2,000円で入酵頂けます。

ページ上部へ